関東を活動地域とする物流コンサルタントです。 ロジスティクスや物流現場の課題解決を、技術士経営工学およびマテリアルハンドリング技術の視点から、誠心誠意お手伝いさせていただきます。

 晴れ 最新の情報提供と新たな発想を追及して、 御社のご担当者様とご一緒に、ロジスティクスの現場力強化のお手伝いをさせていただきます。

100kaoshashin.jpg
 晴れ 初回の面談および予備調査は原則無料で賜ります。

山根幹大は、中小企業経営力強化支援法に基づく認定支援機関です。どうぞお気軽にお問合せ願います。

200 認定証.jpg【業務内容】

私は経営工学部門の技術士で、平成17年1月に山根技術士事務所を開業して以来、次の業務を中心に活動しています。経営革新計画の策定・実行支援、事業計画の策定・実行支援、経営改善計画の策定・実行支援、生産マネジメントの革新支援、サービスマネジメントの革新支援、製品・技術・サービスの開発支援、物流センターの企画・構築・運用支援

【基本方針】

経営革新等支援業務を実施するにあたり、経営革新等支援機関相互の連携や、支援業務を効果的に行うために独立行政法人中小企業基盤整備機構、独立行政法人日本貿易振興機構、公益財団法人日本生産性本部、公益社団法人日本技術士会、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会、一般社団法人東京技術士会、一般社団法人日本物流システム機器協会、日本MH協会、サービス産業生産性協議会等の知見を活用し、専門性の高い支援を行います。

【具体的ご相談内容等】

創業支援、事業計画作成支援、経営改善支援、生産管理・品質管理支援、人材育成、BCP作成支援、物流戦略支援、経営革新計画作成支援、製品・技術・サービス開発支援、物流センター企画・設計・運営支援

『お役立ち情報』をご案内いたします。

 120101 再考:物流センターのBCP(事業継続計画)  
100top3.jpgわが国におけるBCPの導入は、大企業では相当進んでいるものの、中堅企業では更なる導入が望まれています。また、これまでの全社的な経営レベルの導入から各事業所の現場レベルへの展開の必要性が認識され、BCPの有効性が再評価されています。このような中、物流センターは、多くの場合サプライチェーンの中核施設として重要な役割を担っており、BCPの導入がこれからの経営課題となっています。そこで本稿は「物流センターのBCP(危機対応への取り組み方)」を原点に返って再考しました。
 110601 物流センターにおける人材育成

100top9.jpg物流センターでは、非正規労働者から提案営業や管理運営する人まで多様な人材を求められます。このような人材を育成するためには、企業と労働者が職業能力を適正に評価できる共通の「ものさし」としての客観的な指標が不可欠であり、厚生労働省・中央職業能力開発協会が社会基盤として整備した「ロジスティクス分野【倉庫業】の職業能力評価基準」の活用をお勧めします。

 101218 物流センターの意義・役割・位置づけ・構造

100top1.jpg物流センターの計画や合理化・改善の検討に当たっては、その前提として物流センターの基本的な特性を理解することが重要です。

ここでは、物流センターの意義、役割、位置づけおよび基本構造についてご説明します。

 100110 マテリアルハンドリング業の新分野開拓 

100top4.jpg〜『サービス産業』へのマテリアルハンドリング(MH)技術の導入が、イノベーションを推進し生産性を向上させる〜

マテリアルハンドリング(MH)業は、社会・経済・産業の発展に対応して進化し発展してきましたが、2008年9月15日のリーマンショックは、現代の経済・産業のパラダイム・チェンジを促し、MH業界もそのまっただなかにあります。そのための最大のテーマは、新分野・新市場を早期に開拓することであり、本稿はサービス産業の現状とMH技術展開の可能性について考察しました。 

 090821 公的制度を活用した 人財育成の計画化と見える化のすすめ!
100top9.jpg日本技術士会生涯教育推進実行副委員長および日本MH協会人材育成副委員長として、人財育成にかかわる下記公的資産の開発と活用に注力してきましたが、2008年度をもって一連の活動成果が得られましたので、その概要をご紹介いたします。
 ● 生涯職業能力開発体系(マテリアル・ハンドリング業)の策定
 ● 職業能力評価基準(マテリアル・ハンドリング業)の策定
 ● ビジネス・キャリア検定試験認定講座(ロジスティクス管理・オペレーション基礎講座)の開講
雇用システムの構造的な変化に対応するためには、まず、人財育成の計画化と見える化が必要であり、公的資産を有効に活用して、効率的・効果的に進められるようお勧めする次第です。
 090401-5 マテリアルハンドリング・システムで物流コストを削減する 
100top2.jpgマテリアルハンドリング・システムが物流コストの削減にどのように貢献するかについての見解はいろいろありますが、本稿では(社)日本ロジスティクスシステム協会が1993年から行っている「日本の物流コストの実態」に関する総合調査との関連を考察しました。  
 090401-4 ”現場力”が物流センターを進化させる 
100top5.jpg商品や物量が日々変化する中にあって物流の機能および生産性を高めていくために、物流センターは商品の流通過程における中核施設いわばSCMにおけるロジスティクスセンターとして進化し続けなければなりません。
この進化の源泉としては先端技術の導入以前に物流の原理原則が重要であり、いわば物流の“現場力”がいま問い直されているように思われます。
そこで本稿は、物流センターの合理化改善に関する取り組みの一端をご紹介し、物流センターの運営管理にたずさわられる方々へのご参考に供したいと思います。  
 090401-3 物流センターのレイアウト計画の進め方 

100top8.jpg物流センターは物流にかかわる多くの作業要素によって成り立っていますが、レイアウト計画とはその作業要素を面積として捉え合理的に組み合わせることを言います。

レイアウト計画の最適化は、物流センターの生産性を左右し投資を効率化するための重要な要素であると同時に、物流環境や物流条件の変化に対応して適時改善されなければならない日常業務でもあります。
そこで本項では、物流センターにおけるレイアウト計画の進め方について順を追ってご説明します。   

 090401-2 物流センター構築・改善の手順と企画のあり方 

100top1.jpg物流センターは、メーカーから小売店舗までの商品の流通過程における中核施設、いわばSCMにおけるロジスティクスセンターとして重要な役割を担っています。

物流センターは、多種多様な物流環境と個々の目的・用途・条件に最適なシステムとして創り出さなければならないばかりでなく、その後の物流環境の変化に対応すべく適時改善され続けなければなりません。

そこで本稿は、ロジスティクスシステムへの最適化と物流機能の高度化に対応する物流センターの構築・改善の手順と企画のあり方についてご説明します。 

 090401-1 マテリアルハンドリングとロジスティクス

100top6.jpgマテリアルハンドリング(日本では「マテハン」と略称されますが、以下「MH」と表現します)は、調達、生産、販売、回収などの物流現場における物品のあらゆる取扱い作業のことであり、ロジスティクスを支え、円滑に機能させ、運営していくために不可欠なサブシステムです。

つまり、MHはロジスティクス活動の効率性を左右する重要な要素であり、MHを合理化・効率化すれば、企業の生産性が向上し経営体質が強化されます。
そこで、本稿では、MHの概念とロジスティクスとの関係についてご説明します。  

 090401-0 経営・ロジスティクス・マテリアルハンドリングのサイトと動向
100top7.jpg経営・ロジスティクス・マテリアルハンドリングの企画・構築・運用・改善にあたって、確認したいサイトとおすすめしたい公的な情報を、精選してご紹介します。